フォトわ

拝啓、北海道より

By

リアケースとシガソケ

バイクに乗り始めて10年ちょっとになるけど、初めてリアケースを取り付けました。
ついでに今年の夏に利用してたシガソケも一緒に。

リアキャリア

防水シガソケ

シガソケはSRX400の時は連泊のキャンツーでのみ利用で、バッテリー直付で走行時のみ使用してた感じだったんだけど、さすがに不便だったのでアクセサリー電源から配線してキーオンで通電するように。

リアケースに関しては説明書の類は一切入ってなく、本体と積載するためのボード。それを取り付けための金具が幾つか入ってたのみ。
金具の形を見てなんとなくこんな感じかなって、積載するためのボードをキャリアに取り付けました。

以外にしっかりしてて、丈夫そう。
まぁ、、、値段相応な感じのケースでした。

シガソケの取り付けは、フロントのライトを外して作業。
はずさなくても出来そうだけど、手が入らなかったので素直に外しました。
青色の防水カバーを外して、シガソケ側にはHM090型防水コネクターを付けておいて嵌めこむだけ。
シガソケ側の配線の長さを調整してなかったので、余ったコードはまとめてライトの裏側へ。
通電確認してからライト戻して作業終了です。
リアケースとシガソケの設置で1時間位の作業でした。

CRF250L

ついでにハンドルバーに取り付けるバックも付けてみた。
GoProの車載がハンドルバーなので、干渉するだろうなーとは思ってたけどやっぱり干渉。
無理やり押し込む形でなんとかマウントを取り付けてGoProもつけてみた。

ハンドルバーバック

軽く走ってみた感じだと、以前よりも発進時のブレは増えたような気がするけど、十分かな?
Nexus7入れてナビつけながら走ってみたけど、走行時はとても見てる暇なんてない。
結局信号待ちとか休憩中に見るくらいだけど、このバックタッチパネルに対応してないんだよね…
出し入れはし易いのでまぁ…ないよりマシなのかなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です